Profile プロフィール

1963年(昭和38年)10月生まれ
大阪市福島区在住

平和への思い

〇父が海上自衛隊で医官として奉職していたこともあり、
子どものころから自衛隊・自衛官が身近な存在で、その働きぶりには非常に感銘を受けて育ちました。

〇父親の実家は、知覧特攻平和会館のある南九州市のそばの旧開聞町(現:指宿市)。 旧開聞町の辺りは、米軍機がよく飛来しており、父の実家の柱には機銃掃射の跡がくっきりと残っていました。

〇祖父はシベリアで抑留された後、帰国。この祖父から戦争の悲惨さや、極寒の中での強制労働や厳しい食料事情であった抑留生活の大変さなどについて話を聞いて育ちました。

〇戦争体験のない世代が、国会でも社会でも9割を超えており、戦争そのものや悲惨さについて、社会全体として想像力が欠如しているのではないか、という危機感を持っています。

〇戦後七十年間、悲惨な戦争を体験した先人たちの御苦労や知恵や努力が、この日本の平和を守ってきてくれたものだと思っています。日本の平和と信頼のブランドは、我々がしっかりとこれは継承していかねばなりません。

〇残念ながら、今回の安保法制により、日本の平和と信頼のブランドが大きく傷つきましたが、これを再び取り戻すために頑張りたい。


学 歴

慶應義塾大学 経済学部卒業 

資 格

税理士・公認会計士・行政書士

職 歴

アーサー・アンダーセン(現・あずさ監査法人)
尾立村形会計事務所所長
(株)ゼニックス・コンサルティング 代表取締役
産業医科大学 非常勤講師
平成16年 参議院議員 大阪選挙区 初当選
平成22年 参議院議員 大阪選挙区 当選

これまでの役職

財務大臣政務官
参議院・財政金融委員長

事業仕分け人
民主党・政策調査会 副会長
党・社会保障と税の一体改革調査会 副会長
党・大阪府総支部連合会 代表
党・税制調査会 会長代理
参議院・財政金融委員会 委員
参議院・沖縄及び北方問題に関する 特別委員会 委員
参議院・国民生活のためのデフレ脱却及び 財政再建に関する
調査会 委員



  • おだちの一分
  • おだち源幸活動実績
  • おだち源幸著書アベノミクスの正体
  • おだち源幸公式メルマガ申込み
  • Facebookはこちらから
  • おだち源幸旧サイトはこちらから
  • リンク集
Copyright All rights reserved. motoyuki odachi